ハンバーガーが大好きです。

あたいは、ハンバーガーが大好きです。

中性脂肪にコレステロール。不健康な思い込みがつき
まといますが、それでも相当好きな方です。

近頃、ハンバーガーは新商品が目白押しですね。
デラックス配慮、本物志向、オールひっくるめの変わり種まで。

そう言えば歴代のバーガーにもオモシロイカタチがありました。
個人的には、ロッテリアで発売された炭水化物の集合の如き
2配慮「ラーメンバーガー」と「お好み焼きバーガー」の
印象が色濃く残ってます。

同店では松坂牛ハンバーグステーキバーガー(1500円)の
デラックス食道楽企画も素晴らしい事象です。
その神戸牛バーガーを食べました。(傍と半ばずつ)

さて、各店の人気持ちバーガー一番を見てみましょう。

モグモグマック(マクドナルド)で、2間近が…てりやき!!!
逸品チーズバーガー(ロッテリア)
モスバーガー(モスバーガー)
ワッパー(バーガー王室)

あたいは今はなき ウェンディーズのハンバーガー(Wendy’s)が
大好きでした。

ビーフ100パーセントから始まり「精肉から運輸まで総合冷凍終わる
独自製法」と銘打って提供されたパティは食べると実際に
利点がありましたから。

また他店とは違って、まったく作り置きをしないあたりや、
…飽くまで「注文後に調理に取り掛かる」という、
形態が心から気に入っており、調理スタッフに「マイクで
注文を伝える」能率も(恐らく無意識の内に)
喜ばしいと見せかけるアピールとして一役買っていましたね。
また再販売されるお天道様を心待ちにしている。

しかし、迷惑食べ物と呼ばれつつもナゼ!ここまで
ハマるのでしょう。

「元気・対照」という単語をご存じで
しょうか!異なる幾つかのセンスを併せ持たせる事を言うようです。

甘めの「しっとりとしたバンズ」と「粗挽き肉」の異なる歯ごたえ。
グングン食べ進んでいくと…カリッとした歯応えの良いピクルスが
顔を出してくる。

(そういった着こなしとしてあげると、脳内では勝手に
攻撃類だと感じて、一段と強く印象に残るようです)
すみから全品計算で出来上がった着こなしのようですね。

また「箸を使わずに手で食べる」時折、よりの
食生活を口に運んでしまう。そこでまたマニアという
錯覚に陥ってしまうそれほど。

最後にウンチクを一種。
パンとお肉と別々に取ると「脂肪は溜まりづらい」と言われて
いる。…しかし一緒に食べるから喜ばしいんですよね。このサイト