0159_mensblog01_454

いそがしい方も至急取り去り掛かれる!要領よくもらえる英文を学ぶ施術

英文の練習は前からやりたいと考えていたのに、あまり始められずにおける場合も珍しくないはずです。練習と言うのは重要が肝要であって、日頃の癖になっていると一気に流れが出来て、着実に進んでいただけると思います。いそがしい手法でも継続していただける実践の戦法を提案してみます。レッスン用件教材以外に目を向け、英文学習にゆかりがありそうなインフォメーションなどをコンスタントに確認する事も練習願望を誘起決める。無料でレベルの際立つ英会話関係のメルマガが公開されているので、これらを頻繁に購読し英文練習のファクターないしはアクセントコラムなどのためになる風説も逃さず吸い取ります。誘起変わる事によって、練習の願望があがる筈です。美味しい店紹介

記事作成05

沖縄を旅行するとき、たまには気分を変えてパワースポット巡りをするのも楽しいですよね。沖縄県宜野湾市には、天女が生んだ子が初代琉球国王になったという「羽衣伝説」が残されています。現在はパワースポットとなっている泉を、写真家の伊波一志さんが訪れました。

森の川(ムイヌカー) 宜野湾市真志喜

みなさんは、羽衣伝説(はごろもでんせつ)ってご存知ですか?きっと耳にしたことはあると思います。

羽衣伝説は日本各地に存在する伝説なのですが、今回ご紹介したいのは沖縄の羽衣伝説ゆかりの地、森の川(もりのかわ、ムイヌカー)です。

森の川とは、沖縄県宜野湾市真志喜の森川公園内にある湧水。絶えず水が湧き出る清泉で、沖縄県指定名勝です。沖縄の重要な「カー(琉球方言で泉)」のほとんどがそうであるように森の川は拝所(うがんじょ、信仰の対象)でもあります。

まずは、森の川が舞台の羽衣伝説のあらすじを少々。

奥間大親(おくまうふやー)という貧しい農民が、森の川で手足を洗おうとすると、天女が水浴びをしていました。美しい羽衣をとっさに隠し、困っている天女を自宅へ連れて行き世話をします。やがて、一女一男が生まれます。ある日、娘が、「お母さんの羽衣は倉にある」と歌うのを聞いた天女は、羽衣をまとい、泣き叫ぶ夫や子どもを残して天に帰ってしまいます。HPはここ